Information Center of Hokkaido University of Education
for Environmental Education

Hokkaido University of Education, Kushiro campus

センターhome  最新情報 研究紀要 目的 センター長 規定 研究組織 設立経過 釧路校home リンク


 

環境教育研究 第1巻 第1号 1998年3月
 
Journal of Environmental Education

 

創刊のごあいさつ

藤井英嘉 北海道教育大学学長

小山内 洸 北海道教育大学釧路校主事

神田房行 北海道教育大学釧路校環境教育情報センター長

 

■論文

倉賀野志郎:環境・情報・教育、3者の関連の基礎的考察………………………………………………1

宮崎正勝: 環境教育の深化とエコロジカル・リテラシーの育成………………………………………13

新井義史・佐々木宰・加藤直樹・追塩千尋・酒井多加志: 都市環境の現状と保存に関する
     検証資料一釧路市を中心として
………………………………………………………………23

徳川直人・田村真広: 大規模酪農地帯における暮らしと農の意識と論理一別海町における
     探求事例から一
…………………………………………………………………………………37

高嶋幸男・小宮山英重・斎藤里奈・笠島博・岡田雅樹・倉賀野志郎: インターネットの授
     業「サケ学習」(l)一標津サーモン科学館と霧多布中学校をつなぐ「サケ産卵
     行動」の授業一
…………………………………………………………………………………63

倉賀野志郎・岡田雅樹・佐々木義修・辻川尚志・林由佳・高嶋幸男:インターネットの授
     業「サケ学習」(lI)一「移動する」「中継する」テレビ会議システムを利用し
     た授業の試みの検討一
…………………………………………………………………………85

諌山邦子・奥山渕・加藤敏之・森敏隆:釧路市の冒険教育プログラムの取り組みと参加者
     の自己概念の変容
………………………………………………………………………………97

玉井康之:体験学習内容の類型および教育効果と山村留学一自然・社会・生活体験学習と
     環境教育の基礎形成一
…………………………………………………………………………107

笠間浩幸: 子どもの遊び環境としての〈砂場〉一砂遊びから見る子どもの発達と〈砂場〉
     の役割一
…………………………………………………………………………………………113

戸田須恵子: 生態学的環境としての母親行動に関する研究……………………………………………125

池田保夫: テフラが語る古環境:釧路一斜里地域を例にした環境教育教材…………………………133

伊藤俊彦:冷たい海底を示す鉱物:玄能石(カルサイト仮像)………………………………………141

佐々木巽:釧路湿原とその周辺の旧海岸地形……………………………………………………………149

羽角正人・神田房行:キタサンショウウオの繁殖期間…………………………………………………157

本間昌喜・蛭田眞一:釧路湿原温根内地区のニホンザリガニは夏はどこにいるのか? ……………161

羽角正人・神田房行: 別寒辺牛湿原の両生類相…………………………………………………………165

羽角正人・神田房行・藤塚治義:別寒辺牛湿原に生息するエゾアカガエル幼生の生育環
     境
…………………………………………………………………………………………………171




■実践報告

神田房行:地域における環境教育の取り組み一釧路湿原周辺地域の子供達を対象とした
    「子供のツル国際絵画展」一
……………………………………………………………………175

蛭田眞一: 道東と英国のザリガニ事情……………………………………………………………………181

辻川尚志・横山裕充:低学年におけるテレビ会議システムを使った授業実践 ………………………197

野口泰秀・横山裕充:「その雪さわらせて」沖縄と交流一テレビ会議システムを使った
     社会科の授業一
…………………………………………………………………………………205